知らない間に性病にかかっている男女が増えています

 
性病にかかっている男女が増えています。

性病とは文字通り、性行為によって感染する病気のことで、正式名称は「性感染症」です。また、性行為によって感染する病気をまとめて「STD」とも呼ばれています。

性病を患っている割合が増えている理由としては、性行為の低年齢化と性病に関する知識が乏しいことなどが挙げられます。


カップル



男性が感染しやすい性病


男性が感染しやすい性病は下記のようなものがあります。

クラミジア


男性が感染する性病の中で代表的なのがクラミジアです。クラミジアの特徴としては潜伏期間が長く症状が現れるまで一定の期間を要します。

クラミジアに感染した場合は尿道炎になったり、精巣上体炎になったりするケースが多いです。クラミジアに感染したにも関わらずそのまま放置している前立腺炎や血精液症になる恐れもあります。


尖圭コンジローマ


性器や肛門の周辺に鶏のトサカのような形状のできものができたり、イボができたりするのが尖圭コンジローマの症状です。

イボができた場合は手術をして切除することになりますが、ウイルスを完全に除去するのは難しく、再発するケースもあります。


淋病


正式名称は「淋菌感染症」と言います。クラミジアと同様に尿道炎や精巣上体炎などの症状が現れます。

感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液から感染する可能性が高いです。



女性が感染しやすい性病


当然ですが、男性だけだけでなく女性も性病に感染します。

クラミジア


女性がクラミジアに感染した場合は子宮頚管と卵管に炎症を起こすケースが多いです。女性の場合は適切な治療を施さなければ不妊や流産を起こす恐れがあります。

さらに妊娠をすることができても分娩時に産道を通って生まれてくる赤ちゃんに感染する恐れもあるので、クラミジアに感染した場合は速やかに治療をしてください。


淋病


女性が淋病に感染した場合は男性よりも症状が現れにくい特徴があり、症状が進行していき不妊の原因になるケースも多いので十分に注意をする必要があります。

淋病は抗生物質の服用によって治療をすることができますが、症状が消えても完治しているとは限らない厄介な性病です。そのため、必ず医師が完治したと判断してもらえるまで抗生物質を服用するなどして治療を続けるようにしてください。


性器ヘルペス感染症


性器ヘルペス感染症に感染すると、外陰部を中心として多数のブツブツができて、痛みや発熱を起こします。

淋病と同様に症状が現れにくい性病の一つです。大半の方は症状が現れないのでいつ自分が感染したのかを正確に把握するのは難しいです。




まとめ


上記で紹介した性病に以外にもさまざまなものが存在します。中でも怖いのがエイズ(AIDS)ですね。

そのような性病に感染しないようにするためにはしっかりとした正しい知識を吸収することが大切です。

快楽のために不特定多数の異性と性行為を行うのは非常に危険な行為です。また、コンドームなどを使用するなどして自分の身を守ることも性病に感染しないためには重要なことだと言えます。

もしあなたが性病に感染したのであれば早期に治療をしてください。性病は他の病気と同様に症状が軽いうちに治療を施すことが何よりも大切です。

性病を治療するのは恥ずかしいものですが、そのまま放置していればさらに症状が進行していってしまいます。

男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科で受診してください。

問診では、「どのような症状が出ているのか?」や「性行為はどのような頻度で行うのか?」「性行為を行う際にコンドームは使用してのか?」など、さまざまなことを聞かれます。

デリーケートな質問ばかりですが、恥ずかしがらずに正直に話すようにしてください。